サウジアラビアロイヤルカップ2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はサウジアラビアロイヤルカップ2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

まあ、9頭立てですからね~

そしてキャリアも浅く脚質も読みずらい。

あまり枠順は考えなくて良いかもしれない。

 

一応今回は頭数も少ないので上位3頭の配置を見てみます。

 

まずは3枠3番サリオスですが、敢えて死角を挙げるなら内枠での競馬は初めて。

キャリアの浅い2歳戦は揉まれる内枠はマイナス要素となることが多々ある。

ただ9頭立てだからそこまで心配することも無いかな。

 

次に6枠6番クラヴァシュドールは前走先行策で勝利。

丁度良い中枠配置は問題無いでしょう。

 

最後に8枠8番アブソルティスモは新馬で逃げて、前走は差し競馬で上り最速。

前走と同じような競馬をするなら、大外枠と言っても8番ゲートなので理想的な配置だと思います。

 

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びますが、今回は3番人気以内から選びます。

今回は1頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬ー〇3枠3番 サリオス (馬連・ワイド 各1000円)

 

頭数的にも配当的にもここは絞るしかありません。

自分は2歳戦は近親に活躍馬がいるか、母がG1馬等の良血馬を重視します。

それを踏まえるとサリオスは母がドイツG1馬、アブソルティスモは近親にレイデオロという血統的裏付けがあります。

そしてこの2頭は新馬戦で対決してサリオスの完勝。

そうなると圧倒的人気でもやはりサリオスで勝負したいと思います。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

2戦連続で差し競馬をしているこの馬にとって、この枠はベスト。

頭数も少なく距離ロスも少ないはず。

近2年はクラシック血統と呼べる馬が活躍していて、この馬は父だけ見るとまさにそれに該当する。

前走は牝馬限定戦がらも圧勝したその末脚に期待します。