クイーンステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はクイーンステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

 

まずは1番人気8枠13番ミッキーチャームですが、今回前に行きたい馬が多い中でこの大外枠は明らかにマイナスです。

 

次に7枠12番ウラヌスチャームですが、やや外目の配置となったが差し馬なので内枠よりは良かったと思う。

 

好枠なのは3枠3番フロンテアクイーンでしょう。

傾向的には一応外枠も絡んでいるので枠順の有利不利は無しと判断してますが、敢えて優劣をつけるならやはり内枠。

この配置なら好位差しが叶う枠順だと思います。

 

最後に1枠1番サトノガーネットの枠順は微妙ですね。

後方で競馬するこの馬にとって最内枠はあまり歓迎できない。

 

 

対抗馬は上位4番人気以内から2頭選びます。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

穴本命馬ー〇3枠3番 フロンテアクイーン (馬連・ワイド各500円)

穴本命馬ー〇7枠12番 ウラヌスチャーム (馬連・ワイド各500円)

 

まずは上位人気馬の中で一番好枠を引いたと思えるフロンテアクイーンを推します。

そしてウラヌスチャームとミッキーチャームは迷ったのですが、同じ外枠でも脚質差でウラヌスチャームを上位に取りました。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

週頭から狙うならこの馬と決めてました。

前走のメンバーの実力には疑問を感じますが、旬のディープ産駒は買いです。

血統傾向も過去データでも合致しているので、迷わず穴本命です。