クイーンステークス2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はクイーンステークス2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは札幌競馬場で行われる芝1800m戦。

今年のメンバーでG1級と呼べるのはミッキーチャームくらいです。

格で言えば断然抜けているのですが、ムラのある馬なのでどうでしょうか?

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

2013年を除く過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

開幕週ということもあり内枠有利です。

特に2番ゲートの成績が優秀で、8番ゲートくらいまでの複勝率が高めです。

ただ外枠も全く要らないと言う程悪いかな?と思えるレベルなので判断が微妙です。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると好走馬は1~4番ゲートに集中しています。

ただそこから飛んで8番ゲートや14番ゲートからも好走馬が出現しています。

一概に外枠不利と決めつけるのも危険かもしれません。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

今回は逃げタイプの馬や先行タイプの馬も多いので、外枠の差しも警戒した方が良いかもしれません。

 


次に脚質傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

複勝率を見ると先行と差し馬は互角です。

イメージとは違い、中団で構える馬にも十分チャンスはあります。

ここで意外なデータがあるのですが、5番人気以下の過去10年の脚質傾向が以下の通りです。

 

 

このデータを見ると、穴を出す馬は殆んど差し馬です。

これはかなり意外です。

データから狙うならば、穴馬は無条件で差し馬で決め打ちしても面白いでしょう。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父ディープインパクト・ノーザンダンサー系又は母父にナスルーラ系・ロイヤルチャージャー系です。

近2年ノーザンダンサー系の馬がかなり活躍していて、昨年は馬券内独占です。

 

今回の該当馬は

 

ウインファビラス
ウラヌスチャーム
エイシンティンクル
カレンシリエージョ
サトノガーネット
サンティール
ダノングレース
フィニフティ
フロンテアクイーン
ミッキーチャーム
リンディーホップ

 

以上11頭です。

この中でもフロンテアクイーンはノーザンダンサー系で昨年の2着馬。

今年も警戒したい1頭です。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

脚質傾向で書いたように、穴は差し馬。

さらに「旬のディープ産駒は買い」ということと、想定オッズも美味しく思えます。

本当にこんな人気で買えるなら、絶対狙い目です。