クイーンカップ2020予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はクイーンカップ2020の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは東京競馬場で行われる芝1600m戦。

大荒れはしないが、紐荒れ程度の穴馬は毎年コンスタントに絡んでくるレースです。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

6・9番ゲートの成績が異常に高いのは気になるが、それ以外では複勝率で内外大きな差は無い。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬で見ると6・9番ゲートからは殆ど穴馬は出ておらず、穴馬は内か外かという極端な出目です。

中枠は単純に人気馬が多かっただけと解釈しても良いかもしれません。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

このデータを見ると、勝ち馬は先行か差し、複勝率は逃げという結果です。

ただ先行差しは勝ち数は多いものの、決して複勝率では秀でた数字ではない。

そこで注目したいのは逃げ馬ですね。

逃げ経験があるのはアールクインダム・インザムービー・シャンドフルールの3頭。

枠順にもよるが、近走の走りを見るとインザムービーかシャンドフルール辺りが逃げそう。

過去10年で4頭の逃げ馬が絡んでいるが、そのうち3頭は穴馬。

穴馬としてはこの2頭は面白そうです。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父or母父に

・ノーザンダンサー系

 

です。

ノーザンダンサー系の中でも特にクロフネ持ちの馬は異常に走ります。

ただ残念なことに今年はクロフネの血を持つ馬はいません。

 

今回該当馬

 

アミークス
インザムービー
ヤマニンプレシオサ

 

以上3頭です。

今回は意外と対象馬が少なくしかも全て穴馬。

紐の1頭に加えてみるのも良いかもしれません。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

新馬戦(3着)の1・2着馬は後の阪神ジュベナイル2・4着馬で相手が悪かった。

次走は断然人気に応えて完勝。

さらにこのレースの好走血統であるノーザンダンサー系を母父に持ち、今回は鞍上も強化された。

個人的にはもっと人気があってもおかしくないと思うのだが、この想定オッズなら是非狙ってみたい。