キーンランドカップ2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はキーンランドカップ2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~2番ゲート不利と判断しています。

 

上位人気馬の配置をみてみると、まず7枠13番ダノンスマッシュは先行するには外過ぎますね。

今回のメンバーからすると、それでも前には付けられそうですが決して良い枠とは言えませんね。

 

そして4枠7番タワーオブロンドンは内過ぎず外過ぎず問題ない枠順でしょう。

 

次に8枠16番リナーテですが、大外枠は痛いですね。

差し馬なので外寄りでも良かったが、せめて6枠辺りまでが良かったのでは?

 

最後に2枠4番セイウンコウセイは絶好枠。

不利な1枠を避けての2枠と言うのは文句なしでしょう。

 

対抗馬は上位4番人気以内から1頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

穴本命馬1頭目ー〇7枠13番 ダノンスマッシュ (馬連・ワイド 各500円)

穴本命馬2頭目ー〇7枠13番 ダノンスマッシュ (馬連・ワイド 各500円)

 

今回はどうしても気になる穴馬が2頭いたので、対抗馬は1頭に絞りました。

セイウンコウセイが絶好枠に入ったので悩みましたが、安定度で考えたらやはりダノンスマッシュでしょう。

鞍上が川田騎手ということも考慮に入れて圏外に消えるというのは考えにくいです。

 

最後に穴本命馬2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

穴本命馬1頭目は週中に候補馬に挙げていたこの馬。

脚質的に買いずらいのだが、とにかく大きく崩れない。

重賞初制覇した時の2着馬は中京記念で優勝していて、能力的に馬券内なら十分チャンスあり。

 

穴本命馬2頭目はセイウンコウセイだったが上位人気馬となっては妙味薄。

そこでどうしても気になったこの馬を挙げます。

多分ピンかパーというタイプ。

大方の予想では〇線専用機と思われている。

更に鞍上も良く分からない騎手。

マイナス要素満載だが、勢いだけはメンバー随一。

今回好走したら次回は妙味無し。

今だからこそ買い時かもしれません。