キーンランドカップ2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はキーンランドカップ2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは札幌競馬場で行われる芝1200m戦。

スプリンターの常連組が集まってきました。

その筆頭はやはりダノンスマッシュでしょう。

先週に続き川田騎手の2週連続重賞制覇はなるでしょうか?

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

2013年の函館開催を除く過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると1・2・3・15・16番ゲートの複勝率が悪いように見えます。

極端な内外は割り引きでしょう。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬で見ると1~2番ゲートの複勝率は0%です。

小回りの短距離戦となると内枠を重視したくなりますが、データ上では1枠は不利なようです。

 

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~2番ゲート不利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

2013年の函館開催を除く過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると逃げ・先行馬が圧倒的有利です。

ただ差し馬が4勝しているので、全く無視というわけにはいかないでしょう。

 

枠順確定前ですが、今回は展開的にライオンボスが逃げてセイウンコウセイがどういう出方をするかでペースが変わると思う。

ただ想定騎手が幸騎手なので強引に競り合うことも無さそう。

更に今回短距離戦の割りに前に行く馬がそれ程多くない。

以上を踏まえると傾向通り前目で競馬が出来る馬が有利では?

そうなると人気馬の中で一番前目で競馬をしそうなダノンスマッシュは重視したいですね。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にサンデーサイレンス系・ミスプロ系です。

サンデーサイレンス系は厳密に言うとフジキセキ・ダイワメジャー・キンシャサノキセキ等のスピード型サンデーサイレンス系なのですが、昨年はハーツクライ産駒、そして2015年のオンファイア産駒も来ていることから、サンデーサイレンス系で一括りとしました。

 

この2系統を推奨馬とすると当たり前なのですが、対象馬が多くなり過ぎます。

そこで今回は非該当馬を載せます。

 

今回の非該当馬

 

アスターペガサス
クリーンファンキー
ハッピーアワー
パラダイスガーデン
ライトオンキュー

 

以上5頭です。

傾向的には上位人気馬であるノーザンダンサー系のアスターペガサスは買いたくないですね。

父ノーザンダンサー系が来たのは過去5年でエポワスだけです。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

近走好走しているのにも関わらず、想定オッズでは舐められていますね。

確かに好不調の波が激しいタイプなので信頼できませんが、この人気ならお買い得では?

理想は1枠を避けて、2~3枠辺りでライオンボスを行かせて2番手追走。

今回のメンバー構成ならそれもできそう。

そうなれば実力を考えても頭まであると思います。