カペラステークス2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はカペラステークス2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは中山競馬場で行われるダート1200m戦。

注目はなんと言っても藤田菜七子騎手騎乗のコパノキッキング。

藤田騎手の中央初重賞制覇となるでしょうか?

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると11番ゲート以降に好走馬が集まっています。

ただ内枠で1番ゲートが3勝を挙げている。

1番ゲートの好走条件は基本的には逃げ・先行馬です。

芝スタートのコースで、外枠の方が芝部分を走る距離が長いので、物理的には外枠有利でしょう。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

こちらのデータでも同じですね。

やはり11番ゲート以降から好走馬が多く、1番ゲートも複勝率は高いです。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

・11番ゲート以降有利

・1番ゲート有利(逃げ・先行馬限定)

 

と判断します。

7番ゲートの好走率が高いのはちょっと気になりますが‥

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率・勝率共に逃げ馬有利ですが、複勝率だけをみると脚質だけで極端に評価を下げる必要は無さそう。

このレースに限ってはダート戦でも差し・追い込み馬の評価を下げる必要はない。

2強オッズのゴールドクイーンとコパノキッキングは近2走共に逃げている。

更に人気馬のヒロシゲゴールドも基本的には逃げて成績を残している。

他にはレッドアネラも逃げ馬。

そうなると今回はペースは速くなりそうで差し・追い込み馬に展開利がありそう。

ただコパノキッキングは以前後方からの競馬でも結果を残してきたので控える可能性は十分ありそう。

上位勢の中では控えることもできそうなコパノキッキングに展開利がありそう。

穴馬も狙うなら差し・追い込み馬が狙い目だと思います。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(ヘイロー系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父or母父にヘイロー系です。

複勝率で見ると父でも母父でもヘイロー系の馬の好走率が高い。

そして母父ノーザンダンサー系も好走率は高いのですが、その多くは父にヘイロー系を持つ馬なので除外しました。

 

今回の該当馬は

 

オウケンビリーヴ
コパノキッキング
ゴールドクイーン
シュウジ
タテヤマ
テーオージーニアス
ドリュウ
ヒロシゲゴールド
ビップライブリー

 

以上9頭です。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

今回流れる展開になればこの馬の脚が活きる可能性は十分にある。

そして1200m以下のレースに限ればコンスタントに結果を残している。

更に馬格のある馬の好走率が高いレースでもあるので、その点でも買い材料です。