カペラステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はカペラステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1・11~16番ゲート有利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見てみます。

 

まずは2枠4番ゴールドクイーンですが、及第枠ですね。

枠の並びで見ると同脚質のレッドアネラ・ヒロシゲゴールドより内に入ったのは良かった。

逆に内枠なので芝部分を走る距離は短くなり、楽に先手を取れるかどうかが難しい。

それでも過去10年で逃げた馬が2勝しているが、その2勝は1番ゲートでした。

 

次に4枠7番コパノキッキングですが、近2走逃げているが元々は差しや追い込みで結果を残してきた馬。

今回はペースが速くなりそうなのは分かっていることなので、スンナリ控える競馬をしてきそう。

この枠なら程良い位置をキープできそうな枠だと思います。

 

次に6枠12番テーオージーニアスですが、絶好枠だと思います。

過去傾向から見ても外枠有利で、今回ペースも流れそう。

この馬の脚を活かすには良い配置でしょう。

 

最後に8枠15番ヒロシゲゴールドですが、ゴールドクイーンとは真逆で芝部分を走る距離は長いが、枠の並びは先手を取るには難しい。

それでもちょっと外過ぎるとは思います。

 

 

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

今回は1頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬(A)〇4枠7番 コパノキッキング (馬連 500円・ワイド 500円)

◎穴本命馬(B)-〇4枠7番 コパノキッキング (馬連 500円・ワイド 500円)

 

今回はペースが速くなると踏んで、控える競馬もできるコパノキッキングで勝負です。

実力的にもここでは1枚上でしょう。

 

最後に穴本命馬2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

穴本命(A)

不安部分は正直多い。

厩舎サイドは芝部分だとスピードのノリが悪いと言っている。

傾向は外枠有利だが、この馬にとっては内が良かったかも。

それでも昨年のこのレースで4着に来ている。

脚質的にも今回の展開と合いそうだし狙ってみたい。

 

穴本命(B)

テーオージーニアスが予想以上に人気なってしまったので、思い切ってこの馬を挙げます。

とにかく上り勝負の馬で一発嵌ればというタイプ。

大穴だが、理想的な外枠配置でペースが上がれば面白い。

荒れるレースなので一撃回収期待しています。