オールカマー2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はオールカマー2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは中山競馬場で行われる芝2200m戦。

神戸新聞杯と同じく堅そうなムードが漂う登録馬10頭という少頭数です。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

2014年に改修工事があったのでデータはそれ以降からの4年分になります。

結果は以下の通りです。

 

 

一目でわかる通り完全に9番ゲート以内が有利です。

ただ今年は登録馬が10頭ということを考えるとほとんど意味なしです。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去4年の傾向は以下の通りです。

 

 

こちらも当然ながら9番ゲート以内から穴馬が出現しています。

1~4番ゲートから穴馬は出ていませんが、先週の同距離セントライト記念でサトノルークスが穴をあけたのは2番ゲートで内枠でも特に問題は無さそう。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~9番ゲート有利

 

と判断します。

登録馬が10頭なので有利不利無しでも良かったのですが、一応10番ゲート以降はマイナス評価です。

 


次に脚質傾向です。

改修工事後の過去4年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると先行・差しが有利なようです。

サンプル数は少ないですが、展開次第でどちらに転ぶか?ですね。

ちなみに今回逃げそうなのはトニーファイブくらいでしょうか。

まあこの馬は出走手当だけを目的に出るだけなので、単なるペースメーカー。

それでもこの馬の走り次第で展開は変わりそうです。

 


最後に血統傾向です。

以下が改修工事後の2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系)
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去4年の活躍馬の傾向は父にディープインパクト・ロベルト系・ミスプロ系又は母父にノーザンダンサー系・ミスプロ系です。

この条件で過去4年12頭中12頭が該当します。

 

今回該当馬

 

クレッシェンドラヴ
グレイル
ゴーフォザサミット
トニーファイブ
レイデオロ

 

以上5頭です。

トニーファイブはどう考えても要らないと思うので、実質4頭です。

レイデオロはもちろんですが、それ以外は人気薄の馬だけ。

血統から穴馬を狙うならこの3頭から狙ってみたいです。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

前走は長期休養明けで仕方なし。

ひと叩きして実績のある当コースというのはプラス材料。

さらに鞍上強化で可能性が出てきた。

父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系というのも傾向的に合っているので、この馬を推したいと思います。