オーシャンステークス2020予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

今回はオーシャンステークス2020の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

 

このレースは中山競馬場で行われる芝1200m戦。

今年はタワーオブロンドン・ダノンスマッシュ・ナックビーナスという絶対的有力馬3頭が参戦。

穴狙いとしてはせいぜい3着に何か引っかかる程度かもしれない。

弥生賞もそうだが、このレースも買い方が重要になりそうです。

 

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

改修工事後、2015年以降のデータとなります。

過去5年の結果は以下の通りです。

 

 

複勝率で見るとやや内枠の成績が落ちている。

勝ち馬も6番ゲート以内からは1頭も出ていない。

外枠優勢か?

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

全体傾向でも内枠はあまり良くなかったが、穴馬に関しては5番ゲート内からは馬券内無し。

人気馬以外は基本的に内枠から攻めるのは得策ではなさそう。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~5番ゲート不利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると逃げ馬有利です。

ただ今回は逃げタイプが揃ったのであまり過信しない方が良いかもしれない。

そして上り1位の成績が非常に悪い。

末脚一辺倒の馬には厳しいと言えそうです。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父に

・サンデーサイレンス系(母父ノーザンダンサー系以外)

・ミスプロ系(母父ノーザンダンサー系以外)

 

です。

昨年のモズスーパーフレアを以外は母父ノーザンダンサー系馬券内なし。

非常に相性が悪いです。

 

今回該当馬

 

エンゲルヘン
カッパツハッチ
キングハート
クールティアラ
グランドボヌール
タワーオブロンドン
ナックビーナス
レジーナフォルテ

 

以上8頭です。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

2年前にこのレースを制して以降、後方からの競馬しかできなくなり不振傾向にあったが、ここ数戦多少なりとも前目で競馬が出来るようになってきた。

近2走とも同コース出走でOPクラスながら悲観する程負けている訳ではない。

それでもちょっと足りないと思うが、3着付けなら可能性は0では無いと思う。