オーシャンステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はオーシャンステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では6番ゲート以降有利と判断しています。

1番人気の6枠12番ナックビーナスは過去傾向から言うと内枠の方が好走率が高い。

ただ、前走も外枠で58キロを背負ってモズスーパーフレア2着ならそれ程心配しなくても良いかも。

7枠14番モズスーパーフレアは逃げ馬でやや外枠過ぎる印象もあるが、主張してまで逃げたいという程の馬もいないので、今回は内に切れ込んでいけばそれ程枠順は気にならないでしょう。

3枠5番ダイメイプリンセスは出来ればもう少し外枠が良かったかな。

外差しが決まりやすいレースなので、ちょっとこの枠はマイナスです。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

今回は対抗馬1頭と抑え馬1頭の2点勝負です。

 

(対抗馬)

6枠12番 ナックビーナス(1600円)

 

(抑え馬)

7枠14番 モズスーパーフレア(400円)

 

前走でナックビーナスとモズスーパーフレアの斤量差は5キロで今回は同斤量。

この差は大きいし、過去実績も考慮するとナックビーナスに分があると判断しました。

抑えはダイメイプリンセスと悩みましたが、やはり近走の勢いでモズスーパーフレア。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

正直枠順が外過ぎるかなという印象ですが、それでも狙います。

過去記事で書いた血統傾向・枠順傾向・データ傾向で合致したのがこの馬だけだから。

それにこの馬は重賞になると非常に凡走率が低い。

今回も人気がソコソコなので狙い目です。