オークス2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回はオークス2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは東京競馬場で行われる芝2400m戦。

3戦無敗の桜花賞馬デアリングタクトが登場です。

前走をみる限り死角はなさそうだが、唯一の心配は先週の高速馬場かもしれません。

あまり後ろから行くと取りこぼしもあるのでは?

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

同着含め勝馬は11頭いますが、10頭が差し・追い込みタイプ。

そして上がり1位の複勝率は90%を超えている。

明らかに決め手勝負のレースと言えます。

特に近5年圏内馬15頭中カレンブーケドールを除き14頭が、前走桜花賞で2番人気以内だった馬前走OPクラス以上で上り3位以内だった。

実力馬か上り勝負の馬かの2択です。

該当馬はウインマイティー・ウインマリリン・クラヴァシュドール・デアリングタクト・デゼル・フィオリキアリ・ホウオウピースフルの7頭です。

穴馬も数頭いるのでこの辺りから狙ってみるのも良いかもしれません。

 


次に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父に

・ディープインパクト

 

又は

 

・ヴァイスリージェント内包馬

 

です。

ディープインパクト産駒はやはり好走傾向にあります。

そして東京芝2400mというとグレイソブリンというイメージですが、ディープ産駒以外を見るとクロフネを代表とするヴァイスリージェト持ちが多いです。

 

今回の該当馬

 

インターミッション
クリスティ
サンクテュエール
ショウナンハレルヤ
スマイルカナ
ソフトフルート
デゼル
マジックキャッスル
ミヤマザクラ
リアアメリア
リリーピュアハート

 

以上11頭です。

 


最後に上位人気馬過去データ消去法です。

上位人気馬は基本的には4番人気以内としています。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で好走した上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 前走桜花賞で3着以内or3番人気以内又はOPクラス以上で1番人気で1着馬

 

以上になります。

過去10年で4番人気以内馬のどれかが来た年は10回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去10回中10回です。

 

今回の該当馬

 

デアリングタクト
デゼル

 

この2頭です。

 


これで考察は終わります。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

先週の高速馬場が続くとしたら、あまり後ろから行く馬は狙いずらい。

だが脚質傾向でも書いたが上りを持っている馬と言うのも重要。

狙い所は先行集団の直後で競馬が出来そうな馬ではないだろうか。

そんな条件で考えると、この馬は面白そう。

2走前は4角2番手上がり1位、前走は4角5番手で上がり2位。

前で競馬ができて、それなりの脚も持っている。

あとは内枠が欲しいですね。