エルムステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はエルムステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では3~12番ゲート有利と判断しています。

ちなみに現在タイムフライヤーが4番人気ですが、最終的にはサトノティターンが4番人気になると想定しています。

 

上位人気4頭で絶好枠と言える馬はいないですね。

3枠4番モズアトラクション・4枠6番サトノティターンは差し・追い込みタイプでもう少し外寄りが理想的だったでしょう。

 

逆に7枠12番グリム・8枠14番リアンヴェリテは逃げ・先行タイプで内寄りの枠が欲しかったはず。

 

どの馬も配置的に微妙ではないでしょうか。

 

対抗馬は上位4番人気以内から1頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

穴本命馬ー〇7枠12番 グリム (ワイド・馬連 各1000円)

 

 

ここは人気でもグリム1頭で勝負したいと思います。

1番不安要素が少ないのはこの馬でしょう。

モズアトラクション・サトノティターンは根本的に脚質がこのレース向きではない。

リアンヴェリテは逃げ馬が多い中で、大外枠と言うのは致命的。

ここは安定性が一番高いグリムで良いと思います。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

この馬を推した理由は逃げ馬だから。

ここで一つ訂正があります。

枠順傾向の記事で、逃げ争いはこの馬とリアンヴェリテと書きましたが、マルターズアポジーの存在をすっかり忘れてました(;^_^A

そうなると逃げ馬は3頭ということになります。

普通で考えたらこの時点で逃げ馬候補は共倒れで3頭全て即消しですが、このレースはとにかく前に行ったもん勝ちというレース。

ハイペース必至でも前に行く馬を狙いたい。

今回のメンバーは近走成績不振・ダート適正?・牝馬・長期休養明け等の不安がある馬が多すぎる。

その中で消去していくと、個人的にはもうこの馬しかいないんですよね。

仮に逃げられなかったとして、控えてどのような競馬が出来るかはわからないがそれでも脚質傾向的に前にいる馬が有利。

コース適正も間違いなく良く枠順もベスト。

枠順的にマルターズアポジーさえ振り切れば逃げれるはず。

ハイペースでも十分チャンスはあると思います。