エルムステークス2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はエルムステークス2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは札幌競馬場で行われるダート1700m戦。

フルゲートでも14頭というレースで、ガチガチではないですが波乱度は高くないです。

今回は成績が不安定な馬が多く、上位決着の可能性もありますが穴馬を見つけていきたいと思います。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

函館開催を除く2010年以降の傾向は以下の通りです。

 

 

 

4・5・8番ゲートで好走馬が多く出ています。

中枠が有利と言えるでしょう。

逆に1・13・14番ゲートといった極端な内外は成績が良くありません。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で函館開催を除く2010年以降の傾向は以下の通りです。

 

 

このデータもやはり極端な内外は成績が良くありません。

上記のデータを踏まえて今回の結論は

 

3~12番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

函館開催を除く2010年以降のデータは以下の通りです。

 

 

ここまで極端なのは凄いですね。

圧倒的に逃げ・先行馬有利です。

脚質が差し・追い込み馬と言うだけで即消しでも良いレベルです。

人気の一角モズアトラクションは完全に差し・追い込みでこのレースとは相性が最悪でしょう。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にサンデー系ダートG1勝ち種牡馬orサンデー系中長距離種牡馬又は母父にミスプロ系です。

父ノーザンダンサー系も活躍していますが、4頭中3頭は母父にミスプロ持ちでドリームキラリがその内2回絡んでいるので傾向からは外しました。

 

今回の該当馬は

 

グリム
タイムフライヤー
テーオーエナジー
ドリームキラリ
メイショウスミトモ
モズアトラクション
モルトベーネ
リアンヴェリテ

 

以上8頭です。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

このコースは大得意で、2年連続のリピーターでもある。

アンヴェリテとの逃げ勝負で先手さえ取れれば十分圏内は考えられる。