エリザベス女王杯2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はエリザベス女王杯2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは京都競馬場で行われる芝2200m戦。

今年は3歳馬が想定1・2番人気というレース。

大将格のアーモンドアイやリスグラシューなどの古馬勢はもはや牝馬は相手にしておらず、牡馬相手に戦っている。

そうなるとやはり3歳の大将格クロノジェネシスやラヴズオンリーユーが馬券の中心となるか?

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると1番ゲートも18番ゲートも好成績。

むしろ大外枠の成績が良い。

ただ安定しているのは1~9番ゲート。

これを見る限りでは決定的に内外で差は無いように思える。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬で見ると不振なのは1~3番ゲートで、過去10年穴馬の激走は無い。

ただエリザベス女王杯は比較的内枠有利な傾向がある。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると逃げ~差しは互角です。

ただ差し馬が8勝している点は見逃せません。

それとはまた逆に今回逃げ・先行馬が非常に少ない

近走前目で競馬をした馬はクロコスミア・ゴージャスランチ・サラキア・ブライトムーン辺り。

勝つのは差し馬かもしれないが、残りの馬券内2頭は先行馬が占める可能性もあるかもしれません。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系)
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にディープインパクト・ハーツクライ・マンハッタンカフェ・ステイゴールドです。

過去5年15頭中12頭はサンデーサイレンス系の上記4頭が複数回馬券内に入ってます。

 

今回の該当馬は

 

クロコスミア
ゴージャスランチ
サトノガーネット
サラキア
シャドウディーヴァ
センテリュオ
ラヴズオンリーユー
レッドランディーニ

 

以上8頭です。

同じサンデーサイレンス系のオルフェーヴル産駒はデータが無いので対象にしませんでした。

しかし父がステイゴールドなので、今後台頭してくる可能性はあるかもしれません。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

このレースはとにかくリピーターが多いレース。

これは非根幹距離という特性からかもしれませんが、今回その資格があるのはこの馬だけ。

ただ、既にリピーターなので3度目までは?とは思いますが、今回は展開利もこの馬に味方しそう。

極端な穴人気にならないようなら、狙ってみたい1頭です。