エリザベス女王杯2018予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はエリザベス女王杯2018の枠順確定後の最終結論です。

枠順も確定してどの馬が良い枠に、悪い枠に入ったでしょうか?

 


まず確定した枠順は以下の通りです。

 

1枠1番 ハッピーユニバンス
1枠2番 フロンテアクイーン
2枠3番 レイホーロマンス
2枠4番 プリメラアスール
3枠5番 レッドジェノヴァ
3枠6番 アドマイヤリード
4枠7番 モズカッチャン
4枠8番 カンタービレ
5枠9番 クロコスミア
5枠10番 ヴァフラーム
6枠11番 スマートレイアー
6枠12番 リスグラシュー
7枠13番 ノームコア
7枠14番 ワンブレスアウェイ
8枠15番 エテルナミノル
8枠16番 コルコバード
8枠17番 ミスパンテール

 

赤字の馬が現在上位人気4頭です。

上位人気馬の中では3枠5番レッドジェノヴァは先行馬でもあるので理想的な配置でしょう。

逆に7枠13番ノームコアはレッドジェノヴァと同じく先行馬なのでこの配置はやや外過ぎる印象。

6枠12番リスグラシューは差しタイプなのでこの配置は無難な枠順でしょう。

そして4枠7番モズカッチャンですが基本先行馬なので枠順的には問題なし。

ただ近走出遅れが多いので仮に出遅れたとしてもこの枠なら包まれる心配は少なさそうです。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

 

今回は対抗馬1頭の1点勝負です。

そして対抗馬はこの馬です。

(対抗馬)

今回の対抗馬は

4枠7番 モズカッチャン(2000円)

 

(抑え馬)

今回は無しです。

 

狙った本命馬から馬券を組み立てようとすると回収率的に1点勝負するしかありませんでした。

その中でもモズカッチャンを選んだ理由は消去法です。

 

リスグラシューは距離不安。

レッドジェノヴァはスタミナ型寄りでスピード的に不安。

G1未出走の馬がなぜ1番人気なのかが理解できないノームコア。

 

だからと言ってモズカッチャンに不安が無い訳では無い。

デムーロ騎手の出遅れ癖が最大の不安。

そんな出遅れでも前走は牡馬のサングレーザーと差の無い競馬。

ここは本番に強いデムーロ騎手に賭けてみます。

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬)

ディープインパクト産駒で3歳馬。

傾向的に3歳馬は外せない。

ノームコアが1番人気になるなら、この馬にフラワーカップで先着しG1実績もあるこの馬を狙うしかないと思います。