エリザベス女王杯2018予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はエリザベス女王杯2018の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは京都競馬場で行われる芝2200m戦です。

現時点で登録馬は18頭です。

除外馬はいないので、是非フルゲートで開催して欲しいですね。

 


まず枠順傾向です。

過去10年でフルゲート開催は8回ありました。

以下がその傾向です。

 

 

京都芝2200mは基本的に内枠有利です。

ですが、8枠の成績が何故か非常に良い。

そして1枠と4・5・6枠の複勝率はほぼ同じ。

簡単に内枠有利と決めつけてもよいのか?

 

今度はコースデータを調べてみます。

2008年以降のエリザベス女王杯を除くフルゲートのデータです。

 

 

これを見ると1枠7枠の順で複勝率が良い。

そして勝率は2枠8枠の順です。

また2枠から5枠の複勝率は大差なし。

 

レースデータとコースデータ共に絶対内枠有利とは決めつける程の材料はありませんでした。

セオリーは内枠有利ですが今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

対象は過去10年のデータです。

 

 

先行・差しはほぼ互角。

逆に極端な逃げ・追い込み脚質の成績は非常に悪い。

今回の人気上位登録馬の中では極端な脚質の馬はいないので脚質より展開次第という部分が大きくなるでしょう。

 


最後に血統傾向です。

過去5年の活躍馬の傾向は父にディープインパクト又は母父にノーザンダンサー系です。

ただちょっと問題がありまして、母父ノーザンダンサー系の馬は殆んどが4番人気以内の馬だったということです。

過去5年で5番人気以下で馬券圏内に来た馬は計7頭。

昨年のモズカッチャンを除く6頭が父か母父にサンデー系の血を持つ馬でした。

でもこれって現代競馬でサンデー系の血を持つ馬って当たり前ですよね。

そこでもっと絞ると父にディープインパクトorミスプロ系又は母父にミスプロ系です。

穴馬7頭中5頭がこれに該当します。

最終的には父にディープインパクトorミスプロ系又は母父にミスプロ系orノーザンダンサー系です。

今回の該当馬は

 

アドマイヤリード
エテルナミノル
カンタービレ
コルコバード
スマートレイアー
ノームコア
プリメラアスール
モズカッチャン
リスグラシュー
レッドジェノヴァ
ワンブレスアウェイ

 

以上11頭です。

ちょっと多くなってしまいました。

ですが上記で書いた穴がでやすい血統傾向の父にディープインパクトorミスプロ系又は母父にミスプロ系の馬に絞ると想定オッズ5番人気以下9番人気以上の中では

 

コルコバード
スマートレイアー

 

この2頭です。

ちなみに9番人気以上としたのは過去10年で二桁人気馬が来た年が2回だけだからです。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の本命馬候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

想定オッズ4番人気ですが、最終的には外人騎手4人が上位4番人気まで占めると思うのでこの馬は5番人気想定です。

血統的には父ロベルト系×母父ノーザンダンサー系といういかにもパワー寄りな感じがするので京都の馬場に合うのかは疑問だが、前走の牡馬混合戦でG1馬2頭と互角の勝負を演じた。

近5戦で先行馬でありながら5戦連続上り2位以内にという素晴らしい脚も持っている。

騎手で人気が落ちるようなら狙い目である。