エリザベス女王杯2017 予想最終結論

こんばんわ。ワイド師です。今回はエリザベス女王杯の予想最終結論です。
現在のオッズを見てみると、予想以上にモズカッチャンが人気になってます。ミッキークイーンやスマートレイアーより人気がある。古馬初対決でG1馬でもないのに‥。Mデムーロの人気は凄まじい。過剰人気では?と思います。でも今年のG1でデムーロ、そしてルメール両方が馬券内に来なかったのは大阪杯とNHKマイルカップのみ。やはりこの2人は競馬の神様かもしれません。しかし自分は神様に背きます(-_-;)本命は

◎ミッキークイーン

この馬で決まりです。やはりポイントはディープインパクト産駒、当レースリピーター、国内牡馬混合レースでの実績。ここ辺りが決断理由です。不安な点はこのレースは3,4歳馬が圧倒的に強いこと。しかし、この馬はクラシック2冠馬。過去の5歳馬とは格が違うと思います。
そして穴馬ですが、穴馬候補にしていたモズカッチャンがこんな人気では買えません。ということで予想を練り直しました。候補は3頭でジュールポレール、スマートレイアー、リスグラシューの3頭です。リスグラシューとジュールポレールは穴馬記事で書きましたが、スマートレイアーは急浮上です。武騎手が調教中の落馬負傷で乗り替わり、オッズが急降下したように思われます。
この3頭で一番買いたいのがジュールポレールなのですが、エリザベス女王杯は過去10年で二桁人気が来た年は僅か2回。現在10番人気。単勝オッズも10倍台までの馬でほぼ決まってます。無理な穴狙いは避けたいので、ジュールポレールは消します。
残る2頭はリスグラシューとスマートレイアー。リスグラシューはMR馬券内ホース(個人的な評価です)、そして鞍上もMr馬券内ジョッキー福永騎手(こちらも自分の個人的な評価です)で手堅さならこの馬。一方スマートレイアーは武騎手がリスグラシューを降りて選んだ馬。どちらも一長一短があり悩みどころですが、穴馬最終結論は
この馬👇

中央競馬ランキング
枠順傾向の記事で書いたのですが、?枠~?枠に入った6番人気以下の穴馬は過去10年で1度も馬券内無し。これが決めてです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください