エプソムカップ2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はエプソムカップ2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~7番ゲート有利と判断しています。

では上位4番人気以内の配置を見てみると、まず5枠8番ミッキースワローですが、極端な内枠だけは避けて欲しかったですが、ど真ん中の絶好枠でこれならこの馬の競馬が出来そうです。

次いで5枠7番プロディガルサンですが、この馬もミッキースワローと同じく差しタイプ。

この馬も申し分ない枠順に入ったのではないでしょうか。

そして3枠4番ソーグリッタリングは上記2頭と同じく差し馬で、もう少し外目でも良かったかもしれませんが、内には後方一気のショウナンバッハやハクサンルドルなどがいるので、包まれる危険性はそこまではないか?

及第枠と言ったところでしょうか。

最後に6枠9番レイエンダも脚質的にはベストでしょう。

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

穴本命馬ー〇5枠7番 プロディガルサン (馬連・ワイド各500円)

穴本命馬ー〇5枠8番 ミッキースワロー (馬連・ワイド各500円)

 

根拠はまずレイエンダは終わった馬?という疑念が晴れない。

むしろルメール人気で少しでも人気を吸って欲しい。

そして穴人気すると思っていたソーグリッタリングはまさかの1番人気。

消した理由はやはり格ですね。

ミッキースワローは格では抜けている。

プロディガルサンは圏外になった7戦中5戦はG2クラス以上。

やはり格を重視したいです。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

正直、過去傾向から考えるとこの馬は手が出しづらい。

しかし、血統傾向と4歳馬という点では逆に買いです。

迷った末の決め手は枠順ですね。

この馬の好走枠順は全て中枠に集中している。

外でも内でもダメで中枠です。

脚質的にもこの配置は絶好枠と言える。

2走前の走りが出来れば、ここでも足りるはず。