エプソムカップ2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はエプソムカップ2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは東京競馬場で行われる芝1800m戦で、毎年大荒れは無く、あっても紐荒れ程度です。

その紐荒れに期待しつつ穴馬を探していきたいと思います。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

このコースはスタートしてすぐコーナーに差し掛かるため、基本的に内枠有利。

このデータを見る限りでも1~8番ゲート内は安定して複勝率が高めです。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると、穴馬は7番ゲート以内から出現しています。

基本的にはやはり内枠ですね。

ただ人気馬に限っては外枠からでも十分巻き返し可能でしょう。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~7番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると圧倒的に逃げ・先行馬有利です。

ただあくまで率で見るとそうなんですが、単純に総数で見ると勝ち数は差し馬が5勝挙げています。

そして週末は雨模様で、今の超高速馬場から差しも効きやすくなる馬場になる可能性もある。

昨年は重馬場で差し・追い込み決着でした。

一応基本的には内枠の逃げ・先行馬を重視したいが、差し馬も警戒した方が良いでしょう。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にディーインパクトです。

これを見ると黄色のノーザンダンサー系もかなり目立つのですが、実は出走馬数に対する率で見るとむしろ水色のミスプロ系の方が良い。

よって特筆して挙げるなら父にディーインパクトという結論になりました。

 

今回の該当馬は

 

サラキア
プロディガルサン

 

以上2頭です。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

鞍上の大幅強化と週末の雨予報はプラス。

そして前走は長期休養明けながら同コースで上り最速。

この馬は東京コースが得意で、同舞台では後のG1馬を負かした経験がある。

オッズ的に妙味ある穴馬だと思います。