アーリントンカップ2020予想 穴馬過去データ消去法と枠順傾向

今回はアーリントンカップ2020の穴馬過去データ消去法と枠順傾向の記事です。

 

netkeibaさんの現在の想定オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

開催時期変更後の過去2年の傾向は以下の通りです。

 

 

僅か2年だが好走馬は6番ゲート以降が多い。

この時期の阪神1600mは過去傾向から言って桜花賞・阪神牝馬ステークスも内枠不利。

ただ今年の阪神は内の伸びがそれ程悪くなく、そこをどう判断するか?

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去5年の傾向は以下の通りです。

 

穴馬3頭は全て昨年のレースでのもの。

これだけでは判断材料には乏しいが、一応内枠は不利と言えます。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~5番ゲート不利

 

と判断します。

今週は雨模様でもあり、更に1週経過すれば例年通りソロソロ内も伸びなくなるのでは?

 


次は穴馬過去データ消去法です。

穴馬は基本的には5番人気以下としています。

 

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が5番人気以下馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で好走した穴馬に多く見られる共通点

 

① 前走芝レースで未勝利戦を除く500万クラス以下で1着又はOPクラス以上出走馬

 

 

以上になります。

過去10年で5番人気以下馬のどれかが来た年は8回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去8回中7です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

ジュンライトボルト
トリプルエース
ボンオムトゥック

 

この3頭です。

 


 

枠順・脚質・血統傾向の記事で穴本命候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭選びました。

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

 

アーリントンカップ2020予想 上位人気馬消去法と脚質・血統傾向

クリックしたら飛びます。

穴本命候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

データ推奨馬からこの馬を挙げます。

脚質傾向の記事で書いたが上り勝負に強い馬は好走傾向にあり、この馬も溜めた時の脚は中々なもの。

鞍上もG1では叩かれているが、ローカルと変わらない今回の騎手レベルでは抜けている。

血統的に週末の雨も味方しそうです。