アーリントンカップ2020予想 枠順確定後の最終結論

今回はアーリントンカップ2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~5番ゲート不利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは5枠6番タイセイビジョンですが、末脚が持ち味の馬なので中枠はベスト。

外枠有利と読んでいるが先週は内も伸びていたので、内でも外でも進路が取れそうな良い配置でしょう。

 

次に6枠7番ボンオムトゥックですが、この馬は先行策で勝利しているが決め手も十分。

ただ今回は回避馬が出てそれ程先行激化も無さそう。

通常通りの先行策を取るなら無難な配置だと思います。

 

 

次に7枠9番プリンスリターンですが、先行策で結果を残している馬なのでやや外過ぎるか?

少頭数なのでそこまで問題無いと思うが、プラスではないでしょう。

 

7枠10番ギルデッドミラーですが、この枠ならやることは外差ししかないでしょう。

 

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びます。

今回の対抗馬は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◉穴本命馬〇5枠6番 タイセイビジョン (馬連 1000円)

◉穴本命馬-〇7枠9番 プリンスリターン (馬連 1000円)

 

まずはタイセイビジョン。

朝日杯2着という実績はココでは抜けているので馬券からは外せない。

 

2頭目は迷ったがプリンスリターン。

やはり2頭目も格重視。

マイル重賞ではG1で5着、G3では2着。

重賞実績のない2頭の牝馬が人気になるようなら、この馬の方が妙味はある。

 

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

当初全く買う気は無かったが、この人気で買えるなら狙ってみます。

雨予報で外差し馬場になるようならこの馬にはチャンス。

3走前は同コース上り最速で大穴をあけた。

近2年好調のキングカメハメハ系産駒であるのも好材料。

今回もかなり舐められているので狙う価値ありです。