アンタレスステークス2020予想 穴馬過去データ消去法と枠順傾向

今回はアンタレスステークス2020の穴馬過去データ消去法と枠順傾向の記事です。

 

netkeibaさんの現在の想定オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると、中枠辺りと大外枠あたりの成績が落ちます。

ただ勝率で見ると大外枠を除く外枠に勝ち馬が密集。

ゲートで言えば1~4、9~13番が好枠と言えます。

 

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

こちらも同じですね。

1~5、9~13番に好走馬が集中しています。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~4番ゲート有利
9~13番ゲート有利

 

と判断します。

 


次は穴馬過去データ消去法です。

穴馬は基本的には5番人気以下としています。

 

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が5番人気以下馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で好走した穴馬に多く見られる共通点

 

① 7歳以下
② 前走重賞で距離1800m以上
③ 馬体重470キロ以上

 

以上になります。

過去10年で5番人気以下馬のどれかが来た年は8回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去8回中7です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

コマビショウ
ナムラアラシ
メイショウワザシ
モズアトラクション
ワイルドカード

 

この5頭です。

 


 

枠順・脚質・血統傾向の記事で穴本命候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭選びました。

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

 

アンタレスステークス2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

クリックしたら飛びます。

穴本命候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

全盛期と比べれば衰えたのは確かだが、それでもG3なら十分勝ち負けできるレベルにある。

近走は以前と違って極端な後方待機ではなく、中団で競馬をできるようになったのも良い。

血統的にも好走率の高いヴァイスリージェント内包馬であり、チャンスは十分あるでしょう。