アンタレスステークス2020予想 枠順確定後の最終結論

今回はアンタレスステークス2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~4、9~13番ゲート有利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは2枠3番ロードゴラッソですが、下手に下げたりしなければ良い配置だと思います。

この枠順であれば3~4番手辺りで競馬が出来れば理想的でしょう。

 

次に2枠4番クリンチャーですが、ダート路線に参入して2走とも捲る競馬で好走。

そうなると内枠と言うのはマイナスだと思うが、共に内枠での好走。

プラスとは思えないが、マイナス材料にはならないか。

 

次に4枠7番ベストタッチダウンですが、3戦連続逃げで勝利。

理想は内枠だった。

それに何故かこのレースは3枠4枠の成績が振るわない。

その点も正直微妙ですね。

 

最後に4枠8番ウェスタールンドですが、この馬もベストタッチダウンと同じく成績の振るわない4枠に入った。

脚質的には枠順は問題無いので不安要素は傾向だけですね。

 

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びます。

今回の対抗馬は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◉穴本命馬4枠7番 ベストタッチダウン (馬連 1000円)

◉穴本命馬-〇2枠4番 クリンチャー (馬連 1000円)

 

まずはベストタッチダウン。

正直格上げでこの人気は被り過ぎで妙味無しですが、馬体増を繰り返しここ数戦の圧勝劇は大物感が漂う。

枠の並びを見ても、メイショウワザシよりこちらが先手を取れそうなので普通に重視したい。

 

2頭目はダート路線ではまだ底を見せていないクリンチャー。

脚質的に不安要素はあるが、基礎能力はメンバー随一。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

同コース経験は1戦のみだが、同レースでは昨年勝っている。

重馬場成績も抜群で、ウェスタールンドが人気になるなら、この馬も十分やれるはずである。