アンタレスステークス2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回はアンタレスステークス2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは阪神競馬場で行われるダート1800m戦。

ダート路線で活路を開いたクリンチャーや上り馬ベストタッチダウン、その他重賞常連馬等がいて混戦模様。

面白いレースが期待できそうです。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

まず勝ち数で目に留まるのは先行と差しで10勝ということ。

そして上り1・2位の複勝率は極端に高くは無いが、勝ち数が8勝です。

さらに過去の好走馬の4角位置を調べると5番手以内で9勝です。

 

要はこのレースは先行又は先行集団のすぐ後ろくらいで競馬が出来る馬、又は上りを出せる馬が好走パターンと言えるでしょう。

今回のメンバーを見ると流れそうな構成だが、極端な後方脚質の馬は微妙。

なので今回の狙い目は5~9番手辺り構えられそうな馬がベストかもしれません。

 

 


次に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

・ヴァイスリージェント内包馬

 

です。

父も母父も複勝率で特筆するものはない。

この血統表には載っていないが、ヴァイスリージェント内包馬は過去5年で半数近く好走している。

特に2018年の不良馬場ではヴァイスリージェント内包馬は圏内独占でした。

週末の雨模様も加味すれば重視したい傾向です。

 

今回の該当馬

 

ウェスタールンド
ノーブルサターン
ベストタッチダウン
ルールソヴァール

 

以上4頭です。

 


最後に上位人気馬過去データ消去法です。

上位人気馬は基本的には4番人気以内としています。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で好走した上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 5歳以下
② 前走フェブラリーステークス3着以内又は前走1着or1番人気
③ 馬体重500キロ前後以上

 

以上になります。

過去10年で4番人気以内馬のどれかが来た年は10回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去10回中9回です。

 

今回の該当馬

 

ベストタッチダウン

 

この1頭です。

 

 

これで考察は終わります。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

3走前はアナザートゥルースに先着、2走前はチャンピオンズカップ5着・フェブラリーステークス6着のキングズガードに先着。

前走もこのレースと相性の良い名古屋大賞典で2着。

更に近9走は全て4着以内という安定性もありながら想定オッズでは過小評価では?

この人気で買えるなら妙味ありです。