アルテミスステークス2018予想 過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はアルテミスステークス2018の過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析の記事です。

 


まずはデータ推奨馬から入ります。

このレースは重賞に格上げされたのが2014年からなのでデータは過去4年分です。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

今回のポイントは

 

① 前走芝1600m以上又は芝1500m以下ならOP勝馬(例外1頭)

② 前走重賞組は3着以内、それ以外は1着馬(例外1頭)

 

以上になります。

①と②の例外馬は共に昨年2着馬のサヤカチャンです。

基本的には距離延長組はデータ的には不利な傾向があります。

今回の該当馬は

 

ウインゼノビア
エールヴォア
グレイシア
シェーングランツ
ビーチサンバ
ミディオーサ

 

この6頭です。

ちょっと頭数が多いですが、不確定要素が多い2歳戦なので今回は敢えて絞りません。

今回はこの6頭をデータ推奨馬とします。

 


それでは本命馬(穴馬)予想に入ります。

現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ二桁台までは以下の通りです。

 

1 グレイシア 2.5
2 ミディオーサ 3.0
3 シェーングランツ 3.9
4 ビーチサンバ 11.7
5 エールヴォア 12.0
6 ウインゼノビア 13.5
7 トスアップ 22.3
8 アフランシール 37.3
9 ライデンシャフト 80.9
10 アズマヘリテージ 92.3
11 レディードリー 93.9

 

本命馬は5番人気以下から狙いたいと思います。

枠順・脚質・血統傾向の記事で本命馬候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭本命馬候補を挙げたいと思います。

 

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

アルテミスステークス2018予想 枠順・脚質・血統傾向

クリックしたら飛びます。

本命馬候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

データ推奨馬からの1頭。

血統傾向の記事でも書いた母父にノーザンダンサー系の血を持つ馬。

そしてこのレースは距離短縮組の成績が非常に良い。

前走は牡馬に混じってただ1頭の牝馬参戦でありながら1秒差の圧勝劇。

 


最後に出走予定馬分析です。

対抗馬は基本的に1~4番人気以内から選びます。

 

グレイシア

血統傾向とデータ傾向に合致していて現在2連勝中。

父もダイワメジャーで距離適性も問題ない。

前走の2着馬はサウジアラビアロイヤルカップの4着馬でそれを基準で考えると重賞で十分通用するレベルである。

 

ミディオーサ

新馬で2着に敗れたが、その1着馬は札幌2歳ステークス4着・アイビーステークス3着とそれなりの実績を残している。

ただ父ディープインパクト×鞍上モレイラといういかにも過剰人気しそうな予感がする。

おまけに母は海外G1馬で重賞馬ミスエルテを輩出している。

もしかしたら1番人気になってしまうかも?

モレイラには無理して逆らわない方が得策かもしれないが、売れすぎるようならグレイシアを上位に取りたい。

 

シェーングランツ

種違いだが姉はソウルスターリングで母はフランスの名牝。

今回は父がディープインパクトに変わった。

新馬では意外にも大敗したが、前走はコンマ9秒差の圧勝。

上位2頭が売れすぎるようなら妙味がありそうな1頭である。

 

ビーチサンバ

予想オッズでは離された4番人気なので、もしかしたら穴馬候補になってしまうかもしれませんが‥

この馬も血統的には母にG1常連馬だったフサイチエアデールを持つ。

1戦1勝馬で不安もあるが、逆にデータ推奨馬でも挙げており狙い目でもある。

ただ軸にするにはちょとリスキーかな‥やっぱり穴馬かな‥

 


以上で記事は終わりです。

やはり狙うなら上位3頭のどれかから入るのが一番無難でしょう。

現時点ではグレイシアを最有力候補に考えています。

 

本命馬候補をまだ見ていない方はこちらからでもどうぞ。

本命馬候補(B)☟


中央競馬ランキング