アルゼンチン共和国杯2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はアルゼンチン共和国杯2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは東京競馬場で行われる芝2500m戦。

このコースは2400mと違ってパワー・スタミナが要求されるコースです。

今回の登録馬もそんなスタミナ自慢の馬たちが数多く集まりました。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると14番ゲート以降から10%台に落ち込んでいる。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

7番ゲートの複勝率が異常に高いが、やはり穴馬に関しても14番ゲート以降の成績が非常に悪い。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

14番ゲート以降不利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると先行馬が有利です。

ただ差し馬が6勝挙げており、上り1位の複勝率90%というのは見逃せない。

上り1位に関して調べると、当日上り最速馬に多く共通する項目は

 

① 当日3番人気以内

② 前走上り3位以内

③ 前走4角5番手以内

 

この条件全てに該当する馬は過去10年で11頭該当して馬券内10頭で複勝率90,9%です。

想定オッズから判断して今回この条件に該当する馬は

 

アフリカンゴールド

 

この1頭です。

データから判断すると格上げ戦ですが、侮れない1頭です。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系)
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は五代血統内にロベルトorトニービン内包馬です。

スタミナが要求されるコースなので、とにかくロベルト・トニービンを持つ血統が良く走る。

上記の表では5代血統までは表記できませんでしたが、この2つの血統は要注意です。

 

今回の該当馬は

 

アドマイヤジャスタ
ウインテンダネス
オジュウチョウサン
タイセイトレイル
トラストケンシン
ノーブルマーズ
ハッピーグリン
マコトガラハッド
ムイトオブリガード

 

以上9頭です。

穴っぽい馬が多く該当しました。

穴を狙うならこの中からに絞っても良いと思います。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

この馬は5代血統内にロベルト・トニービン両方の血を持っている。

重賞ではないが、9戦連続馬券内でとにかく長距離を得意としている。

手が合うか合わないかは走ってみないとわからないが、今回の乗り替わりはとにかく鞍上強化。

色々な点でプラス要素が多いので、狙って損は無いと思います。