アルゼンチン共和国杯2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はアルゼンチン共和国杯2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では14番ゲート以降不利と判断しています。

ただ回避馬が出てこの傾向は意味がなくなりました(-_-;)

それでは上位人気馬4頭の配置を見てみます。

 

まずは1枠1番アフリカンゴールドですが先行脚質のこの馬にとっては絶好枠と言って良いでしょう。

 

次に4枠5番ルックトゥワイスですが、差し・追い込みタイプ。

もう少し外目でも良かったと思うが、特に問題無いでしょう。

 

次に5枠7番ムイトオブリガードはルックトゥワイスと同じく差し追い込みタイプ。

丁度良い真ん中辺りを引いて好枠と言えると思います。

 

最後に4枠4番アイスバブルは先行差しタイプ。

極端枠順ではないのでこの配置ならどんな展開にも対応できそうです。

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

今回は1頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬①〇1枠1番 アフリカンゴールド (馬連・ワイド 各500円)

◎穴本命馬②-〇1枠1番 アフリカンゴールド (馬連・ワイド 各500円)

 

個人的に昇級馬は穴馬以外では買いたくはないのですが、一番の決め手は脚質傾向で書いた

 

① 当日3番人気以内

② 前走上り3位以内

③ 前走4角5番手以内

 

この条件全てに該当する馬は過去10年で11頭該当して馬券内10頭で複勝率90,9%です。

そしてその該当馬はこの馬だけ。

鞍上もルメール騎手で枠順的にも問題なし。

オカルトですが、ラグビーで南アフリカが優勝しましたね。

時期的に嵌っている。

まさにアフリカンゴールドです(笑)

 

最後に穴本命馬2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

実は今週から穴馬2頭⇒人気対抗馬1頭のスタイルで試行錯誤中です。

よってこのレースも穴本命馬は2頭です。

穴本命馬①

激走血統トニービンorロベルト内包馬を両方持つこの馬。

スタミナに優れ、鞍上も強化されたこの馬は買うべき馬でしょう。

 

穴本命馬②

重賞で足りるか?という疑問はあるが、前走はアフリカンゴールドの2着で斤量差は今回更に1キロ広がった。

この馬はハーツクライを父に持つトニービン内包馬で長距離は歓迎。

血統的にこれからまだまだ伸びしろがあるはずで、人気が無い今が買い時だと思います。