アルゼンチン共和国杯2018予想 過去データ推奨馬と最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はアルゼンチン共和国杯2018の過去データ推奨馬と最終結論の記事です。

今回は時間が無くて省略的な記事になってしまいました。

 


まずはデータ推奨馬から入ります。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

過去10年で5番人気の穴馬に多く見られる共通点

 

① 6歳以下(例外無し)

② 前走G1以外は人気or着順が3番人気内or3着以内(例外無し)

以上になります。

現時点でオッズが出ているのでそこから判断すると今回の該当馬は

マコトガラハッド

ヴォージュ

 

この2頭です。

今回はこの2頭をデータ推奨馬とします。

現時点でのオッズを見ると2頭共に大穴です。

今回は条件馬が上位人気中2頭もいる異常事態なのでちょっと自信が無いです。

 


それでは今回は時間の都合上最終結論に入ります。

現在のオッズ二桁台までは以下の通りです。

 

1 ムイトオブリガード 3.6
2 パフォーマプロミス 5.1
3 ルックトゥワイス 5.6
4 ノーブルマーズ 6.9
5 ウインテンダネス 7.9
6 アルバート 8.0
7 ガンコ 11.3
8 エンジニア 17.0
9 ホウオウドリーム 34.0
10 マコトガラハッド 53.4
11 ヴォージュ 56.0

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

 

今回は対抗馬1頭と抑え馬1頭の2点勝負です。

そして対抗馬はこの馬です。

(対抗馬)

今回の対抗馬は

6枠7番 ムイトオブリガード(1500円)

 

(抑え馬)

2枠2番 ノーブルマーズ(500円)

 

対抗馬ムイトオブリガードは過去傾向から選びました。

このレースは条件馬が非常に強い。

過去10年で前走条件馬が絡まなかった年は2回だけ。

その筆頭となるのはこの馬でしょう。

 

抑え馬ノーブルマーズはG1で3着の実績がありながらこの人気は過小評価では?

しかも得意の内枠に配置されたなら先行粘りこみを期待せずにはいられません。

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬)

高齢馬は走らないレース。

ただここまで長距離で実績を残して安定した走りをしている高齢馬は過去にそうそういない。

この馬は例外ではないでしょうか?

昨年は4着だがその時のメンバーと比べたら今回のメンバーは確実にランクは下。

それでこの人気なら狙うしかありません。