アメリカジョッキークラブカップ2020予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はアメリカジョッキークラブカップ2020の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは中山競馬場で行われる芝2200m戦。

昨年は今は亡きシャケトラが低人気ながらフィエールマンを撃破したレース。

今年は不安要素満載なブラストワンピースが想定1番人気。

堅く収まるとは思えません。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

改修工事後2015年以降の結果は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると1~6番と15番ゲート以降ゲートの成績がイマイチですね。

ただ登録馬は13頭なので15番ゲート以降は関係なし。

 

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬で見てもやはり1~6番ゲートの複勝率は悪い‥というより圏内セロ。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

7番ゲート以降有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

圧倒的に逃げ・先行馬有利です。

不利な中団から馬券内になった5頭中4頭は5番人気以内でその4頭の鞍上は全て外人騎手でした。

ルメール2回、マーフィー1回、Cデムーロ1回という内容。

今回5番人気以内になりそうな差し馬の外人騎手はおそらくマーフィー鞍上のラストドラフト。

あくまでデータですが、中団以降で競馬をする馬を狙うならラストドラフトかもしれない。

 

それでも基本は前に行く馬。

今までの脚質を見ると、前で競馬をしそうな馬はグローブシアター・サトノクロニクル ・スティッフェリオ・ ステイフーリッシュ辺りか?

ただグローブシアター・サトノクロニクル は長期休養明けの馬。

堅実に前に行く馬を狙うならスティッフェリオ・ ステイフーリッシュの2頭でしょう。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の好走の傾向は

 

五代血統内に

・ロベルト

・トニービン

 

又は

 

母方に

サドラーズウェルズ

 

又は

 

父に

・ディーインパクト

・ステイゴールド

 

以上です。

 

昨年は父に中・長距離系ヘイルトゥリーズン系と言っていたのですが、今年はちょっと視点を変えてみました。

ただ基本的には同じでパワー・スタミナを重視した血統背景です。

 

今回は該当馬が多いので非該当馬を載せます。

 

今回該当馬

 

ニシノデイジー
ブラストワンピース
ラストドラフト
ルミナスウォリアー

 

以上4頭です。

まあ結果的に結局ほぼ父に中・長距離系ヘイルトゥリーズン系が残りました(;^_^A

消えた4頭中3頭はノーザンダンサー系で過去を見てもキングヘイローだけ。

ここにブラストワンピースの名前があるので、凱旋門帰りの不安、傾向的にも合わないなら思い切って切り捨てる手もアリかもしれない。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

血統傾向には沿ってないが、長期休養明けを一度叩いて前走はその能力を示した。

前回の頼れる鞍上は今回も継続騎乗。

妙味はそれ程ないが、中穴傾向が顕著なこのレースでは程良い穴馬だと思います。