アメリカジョッキークラブカップ2020予想 過去データ消去法

こんばんわ、ワイド師です。

今回はアメリカジョッキークラブカップ2020の過去データ消去法の記事です。

データ消去法は基本的に上位人気馬編(基本的には4番人気まで)と穴馬編(基本的には5番人気以下)に分けています。

 

netkeibaさんの現在の想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずはデータ消去法上位人気馬編から入ります。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 前走有馬記念or菊花賞出走馬又は前走3着以内

 

 

以上になります。

 

過去10年で1~4番人気馬のどれかが来た年は10回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去10年中10回です。

 

今回の想定1~4番人気馬で上記の条件に該当する馬は

 

スティッフェリオ
ミッキースワロー

 

この2頭です。

 


次はデータ消去法穴馬編です。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が5番人気以下馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

穴馬編も年代別単位で考えています。

過去10年で穴馬に多く見られる共通点

 

① 牡馬・セン馬
➁ 5~8歳
③ 前走重賞組
④ 前走G1出走馬以外の半年以上の長期休養明け馬は消し

 

以上になります。

上記の表には載っていませんが、④の項目の長期休養馬は割引。

昨年はシャケトラを消しと判断したが激走した。

過去にタンタアレグリアも長期休養明けで好走したが、この2頭の共通点は前走がG1で且つ掲示板前後で善戦していたということ。

今回該当するのはグローブシアターとサトノクロニクル。

この2頭は実績的にG1レベル云々という馬ではない。

 

過去10年で5番人気以下馬のどれかが来た年は9回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去10年中9回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

ゴーフォザサミット
ニシノデイジー

 

この2頭です。

 


 

枠順・脚質・血統傾向の記事で穴本命候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭選びました。

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

 

アメリカジョッキークラブカップ2020予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

クリックしたら飛びます。

穴本命候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

今回は荒れるとしても上位人気馬内での入れ替わり程度だと予想します。

それ程中穴以降の馬には欠点が多すぎると思う。

昨年のホープフルステークスから実行したが、今年からは堅いと読んだレースは無理して穴は狙わない。

だからと言って1・2番人気の組み合わせは買いません。

一応穴馬競馬なので(;^_^A

今回推したいのは展開的に先手を打てそうなこの馬。

更に週末の雨模様も加味するとこの馬の父はプラスに働くはず。

近2走は明らかに格上過ぎるので仕方なし。

近7走中4戦はG1で大敗だが、それ以外の3戦はG2~G3で全て1着。