アイビスサマーダッシュ2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はアイビスサマーダッシュ2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは新潟競馬場で行われる芝1000m戦。

新潟と言えばやはりこのレースですね。

昨年も当てたレースなので、2年連続的中目指して頑張ります。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

このレースは雑な言い方をすれば、とにかく外枠を買っておけばよい。

馬番で見ると12番ゲート以降有利と判断できます。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

このデータもほとんど同じです。

馬番で言うと切れ目無く好走馬が続いている11番ゲート以降が良いでしょう。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

11番ゲート以降有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

複勝率を見ると逃げ・先行馬が圧倒的に有利です。

枠順傾向と組み合わせて考えるとこのレースは、外枠の逃げ・先行馬が有利と言えます。

想定4番人気以内で考えると、ライオンボスカッパツハッチラブカンプーは逃げ・先行タイプ。

ただラブカンプーの近走の負けっぷりは尋常じゃない。

軸馬としては買えるレベルではないし、そもそも本当に4番人気以内に入るのかさえ疑問です。

そうなると枠順次第ですが、外枠にライオンボスとカッパツハッチのどちらかでも入ったら重視したいですね。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にノーザンダンサー系・ナスルーラ系又は母父にナスルーラ系です。

パッと見ただけでもサクラバクシンオーを代表とするナスルーラ系が目立ちます。

なにより複勝率が高いです。

そして父としてノーザンダンサー系の馬もかなり活躍しています。

 

今回の該当馬は

 

アルマエルナト
ゲンキチハヤブサ
シベリアンスパーブ
ショウナンアエラ
ダイメイプリンセス
トウショウピスト
ナインテイルズ
フェルトベルク
ミキノドラマー
ラインスピリット
ラブカンプー
レジーナフォルテ

 

以上12頭です。

この中でも赤字馬はナスルーラ系です。

過去5年でナスルーラ系が絡んでいない年は無いので注意した方が良いでしょう。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

かなり枠順が左右しそうなので枠順次第ですが、母父ナスルーラ系の先行馬。

2年前に好走した舞台なので相性は間違いなく良い。

近3走人気を裏切り続けてますが、好枠に入れば巻き返す余地は十分あると思います。