アイビスサマーダッシュ2018予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はアイビスサマーダッシュの枠順・脚質・血統傾向の記事です。

現時点の登録馬は17頭です。

 


まず枠順傾向です。

データは2008年以降から調べます。

開幕2日目の開催なので検索条件も開幕2日目限定です。

そして今回の登録馬は17頭なので、それに近い16~18頭立て限定で調べました。

馬番表記です。

 

 

分かり易く外枠有利です。

12番ゲート以降が有利と言って良いでしょう。

 

今度はコースデータです。

2008年以降の開幕週1~2日目で16~18頭立て限定です。

 

 

やはり同じく外枠有利です。

こちらも12番ゲート以降が有利なようです。

 

レースデータとコースデータで共通するのは外枠有利ということ。

今回の結論は

 

12番ゲート以降が有利

 

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

2008年以降で開幕週に開催されたアイビスサマーダッシュのデータです。

 

 

基本的には逃げ・先行馬が有利です。

今回1番人気想定のダイメイプリンセスは差し馬。

1000mは2戦2勝ですが開幕週となるとやや条件が違ってくるので、そこが問題です。

 


最後に血統傾向です。

近5年の活躍馬の傾向は父が非ヘイルトゥリーズン系又は父or母父にナスルーラ系です。

このレースは現代競馬とは真逆の傾向で父ヘイルトゥリーズン系が大不振。

今回の登録馬で該当するのは

 

アクティブミノル
アペルトゥーラ
カラクレナイ
クラウンアイリス
クラウンルシフェル
ダイメイプリンセス
ナインテイルズ
ノットフォーマル
ベストマッチョ
ラインスピリット
ラブカンプー
レジーナフォルテ

 

以上12頭です。

アペルトゥーラは父がヘイルトゥリーズン系ですが、母父がナスルーラ系なので対象馬に入れました。

ここから更に父が非ヘイルトゥリーズン系で且つ父か母父にナスルーラ系の馬に絞ると

 

ラインスピリット
ラブカンプー
レジーナフォルテ

 

この3頭しかいません。

過去5年でこの血統パターンは毎年必ず好走するので買い目には入れておきたいです。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の本命馬候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

脚質的には差し馬で微妙ですが、ナスルーラ系内包馬でこの距離は4戦3勝と得意にしている。

前走の敗戦で想定人気も下がっているので、ここは狙い目かも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください