みやこステークス2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はみやこステークス2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは京都競馬場で行われるダート1800m戦。

今回は川田騎手鞍上のインティが参戦。

59キロというかなり厳しい斤量を背負わされていますが、それでもG1馬の意地を見せるか?

 

出走馬も確定したnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

2010年からの重賞で、昨年はJBC開催により休止。

よって過去8年の結果です。

 

 

2番ゲートで3勝しています。

そして複勝率で見ると4番と6番が50%超え。

ただ外枠もソコソコ来てるので完全内枠有利と判断しても良いものか‥‥

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去8年の傾向は以下の通りです。

 

 

4番ゲートが好成績だが、穴馬に関しては内から外まで満遍なく好走馬が出現している。

ただ両データで共通するのは15・16番ゲートの成績は良くないということ。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

15番ゲート以降不利

 

と判断します。

決めつけるのは危険ですが、敢えて有利なゲートを決めるなら両データで比較的好走馬が多い6番ゲート以内ではないでしょうか。

 


次に脚質傾向です。

過去8年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると追い込み馬は不利です。

ダート戦ですから追い込み馬は劣勢なのはわかりますが、逃げ~差しまでは極端な差はありません。

 

注目は上り1位の複勝率が90%超えということ。

ここから好走馬を絞り出したいのですが、前走傾向からは特徴的なデータは探し出せませんでした。

分かったのは、当日5番手以下で競馬をした上り最速馬が8頭中7頭馬券内だったということ。

今回のメンバーを見渡すと、ウェスタールンドキングズガード過去の走りを見ると、大抵5番手以下で競馬を進め、上り1・2位の脚を使っている。

この2頭はちょっと警戒した方が良いかもしれません。

 


最後に血統傾向です。

以下が2013~2017年の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系)
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にノーザンダンサー系・ナスルーラ系又は母父にミスプロ系です。

この表だけを見ると満遍なくどの系統も来ているように見えますが、複勝率で比べると上記の系統でした。

 

今回の該当馬は

 

インティ
ウェスタールンド
キングズガード
スマハマ
テーオーエナジー
ラビットラン
ロードアルペジオ
ワイドファラオ
ヴェンジェンス

 

以上9頭です。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

父にナスルーラ系を持つこの馬。

前走はいきなり400mの距離延長にも対応して2着。

現在5戦連続馬券内で2走前には重賞でも3着に入っている。

距離も基本能力もそれなりに証明しているので、チャンスは十分あると思う。