きさらぎ賞2020予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はきさらぎ賞2020の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは京都競馬場で行われる芝1800m戦。

今年も相変わらずの少頭数メンバーが確定的。

ただ昨年も荒れたように、今年もアルジャンナ以外は絶対的な馬はいない。

穴党泣かせのレースだが、狙っていきたいと思います。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

現在デアリングタクトは回避予定で9頭立て以上はない。

ということで9番ゲートまでを見ていくと複勝率で大差はない。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

こちらも同じですね。

9番ゲート以内で見ると内外で大きな差は無い。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

逃げから追い込みまでどこからでも来ますね。

基本的に少頭数なので脚質傾向は考えなくて良さそう。

ただ先週の京都競馬場は外差しのオンパレードでした。

少頭数でこの影響がどこまで及ぶか分からないが、枠順や脚質から外差ししそうな馬を重視する考えも良いと思う。

ただキャリアの浅い馬ばかりで脚質判断が難しい。

とりあえず枠順でてから判断したいと思います。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父に

・ディーインパクト

 

又は

 

父×母父に

・父サンデーサイレンス系×母父ミスプロ系

・父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系

 

です。

とにかく父にサンデーサイレンス系を持つ馬の好走率が高いレースです。

 

今回該当馬

 

アルジャンナ
ギベルティ
クリノプレミアム
サトノゴールド
ストーンリッジ
トゥルーヴィル

 

以上6頭です。

出走頭数が少ない割りに結構残ってしまいました。

ただ更に絞るならやはり5年連続連対中のディープインパクト産駒でしょう。

アルジャンナ・ストーンリッジ・トゥルーヴィルの3頭です。

あと偶然にも今回ノーザンファーム生産馬もこの3頭だけ

アルジャンナは当然としても、穴馬は残った2頭ストーンリッジ・トゥルーヴィルから選ぶのも面白いかもしれません。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

好走率が高い前走1800m以上経験馬。

血統も当レースとは相性抜群。

前走レベルに疑問はあるが、2戦目の上がり目に期待します。