きさらぎ賞2020予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はきさらぎ賞2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

 

枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

今回は8頭立てなので枠順をそれ程気にする必要も無いでしょうが、土曜の競馬を見ると先週に引き続き外差し馬場が続いている。

 

そうなると少頭数だが、差し競馬をしてきそうな馬で外枠の馬。

この条件に合致する馬が絶好枠と呼べると思います。

 

上位4番人気以内で見てみると、まずギベルティは先行or逃げの競馬でしょう。

ストーンリッジも前走の競馬を見る限りでは先行策を取ってきそう。

グランレイの前走はスタートが悪かった故の追い込みで今回どんな戦法を取るかは判断が難しい。

最後に大外枠のアルジャンナは全2戦を見る限り、まず控えての差し競馬が濃厚と見ます。

そう考えると絶好枠と呼べるのはアルジャンナではないでしょうか?

 

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びます。

今回の対抗馬は1頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬(A)8枠8番 アルジャンナ (馬連 1000円)

◎穴本命馬(B)8枠8番 アルジャンナ (馬連 1000円)

 

対抗馬は断然人気でも絶好枠を引いたアルジャンナ。

前走はコントレイルに突き放されての2着たが、3着馬ラインベックには力の違いを見せつけた。

そのラインベックはホープフルステークス4着馬。

川田騎手は昨年の2歳重賞で断然人気の馬を何度か飛ばしてますが、少頭数でこのメンバーなら実績も十分なアルジャンナで良いでしょう。

今回は配当的に馬連だけで勝負します。

 

最後に穴本命2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

(A)

まず狙うのは外枠の差し馬。

前走は後方2番手から素晴らしい脚を駆使して重賞2着。

洋芝しか経験が無いのは不安だが、それで人気がないなら穴馬としては面白い。

(B)

このレースは(A)の馬も同じなのだが、前走距離1800m以上の馬が好成績を挙げている。

血統も当レースと好相性なディープ産駒。

新馬戦の相手レベルは疑問だが、不利があっての勝利なので軽視はできない。