NHKマイルカップ2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はNHKマイルカップ2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは東京競馬場で行われる芝1600m戦で、とにかく荒れるG1レース。

令和元年最初のG1でもあるので、何としても穴馬を仕留めたいですね。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると外枠はやや不利とも思えますが、17番ゲートの複勝率が40%もあります。

全体的にはフラットと考えて良いでしょう。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

こちらのデータもやはり内からでも外からでも満遍なく穴馬が出現しています。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると逃げ馬の成績だけが抜群に良いです。

ただ逃げ馬の3勝は全て1番人気馬だったということ。

これは逃げ馬が有利というより、能力のあった馬が逃げただけと解釈する方が自然ではないでしょうか。

そう考えると、データを見る限りでは脚質傾向はフラットで展開の方が重要になりそうです。

今回逃げそうな馬はイベリスかワイドファラオ。

そして、上位人気馬グランアレグリア・アドマイヤマーズ・ダノンチェイサーも先行馬。

少なくてもスローペースということは無いと思います。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父or母父にノーザンダンサー系です。

ディープインパクト・キングカメハメハ・ダイワメジャー・クロフネが複数回馬券内に来ていますが、結局は父or母父がノーザンダンサー系です。

その他の産駒でもこの傾向は強く、過去5年15頭中12頭はこれに当て嵌まります。

今回の該当馬は

 

インテンスライト
カテドラル
ダノンチェイサー
ハッピーアワー
ミッキーブラック
ワイドファラオ

 

以上6頭です。

ダノンチェイサー以外は下位人気馬です。

過去5年で毎年来ている父or母父ノーザンダンサー系。

仮にダノンチェイサーが沈んだとしたら、この中の残り5頭から馬券内馬が現れる可能性が高いかもしれません。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

ノーザンダンサー系であるこの父の産駒から考えるとダート血統とも思えるが、この馬は芝デビューでオール連対。

そして前走重賞勝利しているにも関わらず、全く人気になっていない。

この想定オッズならお買い得です。