NHKマイルカップ2018予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。今回はNHKマイルカップの枠順・脚質・血統傾向です。

では最初に過去10年の枠順傾向から調べたいと思います。

勝率も複勝率もこれと言って突出しているところは見当たりません。レース的にはフラットと判断して良いでしょう。

次にコースデータです。フルゲート過去10年のデータを調べると

やや8枠の複勝率が落ちるかなという感じはします。

そこでちょっとNHKマイルカップの8枠の成績を調べてみました。そこで分かったのは人気馬は特に影響がない。しかし6番人気以下で調べると‥

以上のような成績になります。22頭対象馬がいて馬券内はインパルスヒーローと先週の天皇賞春を勝ったレインボーライン。

レインボーラインはG1級の馬です。この馬を例外と考えれば、8枠は6番人気以下で1頭しか馬券内に来ていないことになります。

結論は

枠順傾向はフラット

 

ただし、8枠に入った穴馬は割引です。

 

今度は脚質傾向を調べたいと思います。過去10年の傾向は以下の通りです。

これを見ると先行馬が絶対有利とは言い難い。むしろ差し馬の方がやや優勢のようにも思えます。

ですが、決め手となるほどの材料はないので、メンバー次第・展開次第で考えた方が良さそうです。脚質で決め打ちするのは危険でしょう。

 

最後に血統傾向です。

過去の傾向を見ると、父か母父にノーザンダンサー系の中のヴァイスリージェント系・ダンチヒ系・ストームバード系の3系統が活躍しています。特にヴァイスリージェント系は注目です。

ただ今回はちょっと頭数が多いです。

(ヴァイスリージェント系)

アルジャーノン
ギベオン
パクスアメリカーナ
ミスターメロディ
ミュージアムヒル

(ダンチヒ系)

カシアス
ダノンスマッシュ
デルタバローズ
プリモシーン

(ストームバード系)

デルタバローズ
ミスターメロディ
リョーノテソーロ
ロックディスタウン

延べ11頭になりますが、血統だけで絞るならヴァイスリージェント系でしょう。

以上です。

 

そして現時点の注目穴馬は

この馬☟

中央競馬ランキング

あまり人気になるようなら買えませんが‥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください