CBC賞2018予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。今回はCBC賞の最終結論です。

枠順も確定してどの馬が良い枠に、悪い枠に入ったでしょうか?

 


まず確定した枠順は以下の通りです。

 

1枠1番 トーキングドラム
1枠2番 トウショウピスト
2枠3番 レーヴムーン
2枠4番 コウエイタケル
3枠5番 グレイトチャーター
3枠6番 アクティブミノル
4枠7番 ダイメイプリンセス
4枠8番 アレスバローズ
5枠9番 セカンドテーブル
5枠10番 ナガラフラワー
6枠11番 スノードラゴン
6枠12番 ダイメイフジ
7枠13番 ナリタスターワン
7枠14番 フミノムーン
7枠15番 ワンスインナムーン
8枠16番 ペイシャフェリシタ
8枠17番 トシザキミ
8枠18番 アサクサゲンキ

 

現時点での上位5番人気以内は赤字で表記しています。

1~3番人気馬が揃って外枠配置となりました。

まず逃げ争いで焦点となるワンスインナムーンですが7枠15番はマイナスでしょう。

逆に2番ゲートのトウショウピストや6番ゲートのアクティブミノルにとっては逃げるには絶好の枠順ではないでしょうか。

そして16番ゲートのペイシャフェリシタや18番ゲートのアサクサゲンキも先行馬なのでこの枠順は歓迎できる枠順ではない。

1番人気の12番ゲートダイメイフジは良い枠順を引いたのではないでしょうか。

この枠順なら包まれて差し損ねるリスクは減ったと思います。

 


そして最終結論ですが、まず対抗馬は上位人気馬から今回は5頭全て買います。

ワイド本線5点です。

本命馬が人気薄なので対抗馬を広げました。

掛け金は目安として2000円勝負です。

(対抗馬)

◎―〇 ダイメイフジ (500円)

◎―〇 アサクサゲンキ (300円)

◎―〇 ペイシャフェリシタ (500円)

◎―〇 アクティブミノル (400円)

◎―〇 セカンドテーブル (300円)

 

対抗馬〇5頭は現時点のオッズで同額払い戻しに近くなるように資金配分しています。

対抗馬5頭ならダブル的中も狙えるチャンスだと思います。

本命馬が来たらの話ですが(;^_^A

 

そして本命馬は‥‥

(本命馬)

◎この馬☟

中央競馬ランキング

内枠には入らないで欲しいと思っていたのでその点は良かった。

後は展開次第。決め手はダイメイフジより勝る。

前がやりあってくれればワンチャンスありです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください