CBC賞2018予想 本命&対抗馬候補

こんばんわ、ワイド師です。今回はCBC賞の本命&対抗馬候補の記事です。

ハンデ戦ですが、意外と堅く収まる年もあります。今年はどうなるでしょうか。

 


それではまず本命馬(穴馬)予想です。

現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ二桁台までは以下の通りです。

 

1 ダイメイフジ  2.8
2 アサクサゲンキ 4.3
3 ワンスインナムーン 5.6
4 ペイシャフェリシタ 6.5
5 セカンドテーブル 7.0
6 アクティブミノル 13.4
7 ダイメイプリンセス 21.6
8 スノードラゴン 25.9
9 フミノムーン 31.3
10 アレスバローズ 32.2
11 ナガラフラワー 44.5
12 トウショウピスト 63.0

 

本命馬は5番人気以下から狙いたいと思います。

まずフミノムーンは週頭の候補馬でしたので、このまま残します。

その他で候補馬をもう1頭抽出したいと思います。

オッズ次第という部分が大きいですが、買い要素が十分あります。

 

本命馬候補(B)??????

コース適正は実証済み。

何よりハンデ戦に滅法強い。

前走の敗戦でもっと人気を落としてくれれば狙っても良い。

 


次は対抗馬候補です。

対抗馬は基本的に上位人気馬から3頭選びます。

 

ダイメイフジ

この馬が1番人気になってる最大の理由は前走安田記念馬モズアスコットに勝ったことでしょう。

ただレース傾向的に差し・追い込み脚質は明らかに不利。

そこは鞍上デムーロの腕次第。

騎手と前走相手を考えると被った人気になるかもしれないが、やはり脚質を考えると圏外に消える可能性も十分あると思う。

 

アサクサゲンキ

前走の敗戦は出遅れで参考外で良いと思う。

それでも上がり最速で5着と力を示した。

問題は古馬との力関係。

こればかりはやってみないとわからないが、新馬とG1と前走以外は重賞含めて全て馬券内。

ハンデ差を活かせば十分通用すると思う。

 

ワンスインナムーン

スプリンターズステークス3着馬という実績を考えれば普通に最有力候補。

ただ個人的に海外遠征後の馬はあまり食指が動かない。

帰国2戦目以降でも結果を出すまでは信頼性に欠ける。

前走も前残りの競馬でありながらこの馬は沈んでしまった。

おまけに中1週というローテーションでは微妙である。

 

ペイシャフェリシタ

重賞実績は3戦して阪急杯5着が最高。

ただそのレースはモズアスコットやレッドファルクスとコンマ1秒差の勝負だったので、十分価値はある。

前走はOPクラスではあるが1着。

勢いもあるので軽視は禁物だと思う。

 


以上が本命馬と対抗馬の評価です。

そして現時点での本命候補2頭目と軽視予定の対抗馬は

この2頭☟

中央競馬ランキング

今回軽視予定の馬は過去実績以外に買い要素が少ないこの馬です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください