高松宮記念2018予想 本命馬候補と枠順傾向

こんばんわ。ワイド師です。今回は高松宮記念の本命馬予想です。

ようやく春のG1シーズンがやってきました。今年の絶不調をなんとかこのG1で断ち切りたいところです。

では高松宮記念の枠順傾向から調べたいと思います。リニューアル後の2012年以降は以下のようになっています。

これをみると2枠3枠の複勝率が高いようです。ただ掘り下げて調べるとこの2つの枠の6頭は全て5番人気以内。

では逆に6番人気以下の枠順傾向を調べると以下の通りです。

今度は極端に7枠8枠有利です。この傾向は2012年以降のコースデータでも同じような結果でした。

よって高松宮記念の枠順傾向はフラットと判断します。 ただ、穴を狙うなら外枠という考えもありでしょう。

 

それでは、本命馬予想に入ります。現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ上位3頭は以下の通りです。

1 レッドファルクス 2.2

2 レッツゴードンキ 5.2

3 ファインニードル 5.5

今回はこの3頭から本命馬を選びたいと思います。

 

レッドファルクス

昨年は海外帰りのぶっつけ本番で3着。今回はひと叩きして万全の態勢。年齢的な不安は前走のあり得ない位置からの追い込みで払拭された。脚質的に毎回不安はあるが、それでもこれだけの成績が残せるのだから大した馬です。ベストの1200mでデムーロに戻れば馬券内は堅いか?

レッツゴードンキ

レッドファルクスを負かすとしたらこの馬ではないでしょうか?前走のフェブラリーステークスは何故出たのか意味が分かりませんが、ひと叩きされてこの馬も万全でしょう。昨年のスプリンターズSと高松宮記念を共に2着。デムーロ人気でこの馬が離された2番人気になるようなら、馬券妙味はこの馬か?

ファインニードル

上記2頭が追い込み馬に対して、この馬は先行馬。今回ペースは速くなりそうだが、前に行けるという意味ではこの馬にも勝機が無い訳ではない。上記2頭は馬群に包まれて抜け出せない可能性も否定できない。年齢的にもまだ伸びしろがあるので軽視はできない。

 

以上が3頭の評価です。実力のレッドファルクス、馬券妙味のレッツゴードンキ、前残りのファインニードル、迷いますが現時点での本命馬候補は

この馬☟

中央競馬ランキング
このレースは基本的に上位人気が強いレース。やはり買うならこの馬でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください