高松宮記念2018予想 最終結論

こんばんわ、ワイド師です。今回は高松宮記念の最終結論です。

ちょっと話が逸れますが、最近思ったことがあります。

競馬は基本的に先行馬が有利!

 

お前は馬鹿か?そんなの当たり前だろ!と思うかもしれませんが、分かってはいましたが最近実感したことです。短期的には結果が表れないかもしれませんが、長期的に考えるとこのスタンスの方が成績が安定するように思えます。

だからと言って本命穴馬全て先行馬というわけではありません。余程の乱ペース予想やコース傾向的に向いていない場合を除き、基本的に本命馬は先行馬を中心に考えた方が良いと思い始めています。

そこで今回の上位人気馬を見るとレッドファルクス、ファインニードル、レッツゴードンキ、ダンスディレクター辺り。

実力は断然レッドファルクスだがこの中で前に行く馬はこの馬だけ。その馬は

◎ファインニードル

 

この馬で決まりです。1着馬を考えるならレッドファルクスだが、馬券内を考えるとこの馬が馬券妙味的に惹かれます。

そして穴馬ですが、当初はあまり買う気はしなかったですが絶好枠に入ったこの馬から勝負したいと思います。それは

この馬☟

中央競馬ランキング

まだ半信半疑だが前走が復活の兆しか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です