青葉賞2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は青葉賞2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは東京競馬場で行われる芝2400m戦です。

日本ダービーと同じ舞台ですが、個人的にはココでウーリリが勝って兄のマカヒキと同じくダービー馬なんてのがロマンがありますね。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると14番ゲート以降から複勝率が下がってきているという印象です。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

こちらも同じく外枠の複勝率が落ちている。

区切るなら12番ゲートまでではないでしょうか。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~12番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

これを見る注目は差し馬の複勝率の高さと勝利数は6勝です。

次いで僅差ですが勝率と複勝率で後方馬が先行馬を上回っている。

競馬の基本は逃げ・先行のセオリーから考えると、このレースは明らかに差し・追い込み馬が有利と考えられます。

近走の走りからして、個人的な見解ではアルママ・マコトジュズマル・リオンリオンは枠順にもよりますが、先行する確率が高そう。

穴狙いでもこの3頭はちょっと軽視したいかなと思います。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父ヘイルトゥリーズン系です。

ただ今回はヘイルトゥリーズン系以外の種牡馬が全体の半数以上を占めています。

さすがに全て父ヘイルトゥリーズン系で決着するとも思えないですが‥

今回の該当馬は

 

アドマイヤスコール
アルママ
ウーリリ
サトノラディウス
セントウル
トーセンカンビーナ

 

以上6頭です。

対象馬には入れませんでしたが、東京2400mと言えばトニービンの血は重要。

ミスプロ系の活躍はあまりないですが、ルーラシップの母父はトニービン。

サンプル数が殆ど無いので未知数ですが、ルーラシップ産駒は今後活躍の可能性はありそうです。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

4年連続で絡んでいる前走2400m組。

2走前はランフォザローゼスとサトノラディウス相手にタイム差無しの勝負をしている。

脚質的にも差し馬で脚質傾向に合致。

この父の産駒はこのレースでは未知数でもあるので狙ってみたい。