青葉賞2018予想 最終結論

こんばんわ、ワイド師です。今回は青葉賞の最終結論です。

まず上位人気馬の枠順配置ですが、

4枠8番 オブセッション
5枠10番 スーパーフェザー
6枠12番 ダノンマジェスティ
8枠18番 サトノソルタス

人気馬は比較的中枠~外枠に配置されました。

特に本命候補だったサトノソルタスの18番ゲートは厳しいですね。

ルメールかデムーロの2択で考えていたのですが、サトノソルタスがこの枠だとオブセッションが有力?とも思えてきました。

ただオブセッション、そしてダノンマジェスティは気性的に信頼性には欠ける。下手したら失格になり得る程の癖馬です。

そうなると、ワイド馬券で考えると大外枠でもサトノソルタスか、あるいは候補には挙げなかったがスーパーフェザーも捨て難くなってきた。

しかし、ここは騎手と馬の力を信じて

 

◎サトノソルタス

 

この馬で決まりです。重賞実績があるのはこの馬だけ。

そして穴馬ですが、東京芝2400mは7枠8枠は不利と考えているので穴馬候補だったエタリオウは消したいと思います。

ではどの馬を選ぶか?

人気と血統と枠順を加味して狙いたいのはゴーフォザサミット、展開予想の観点からだとダブルフラットです。

そして穴馬最終結論は

この馬☟

中央競馬ランキング

出遅れ癖は百も承知だが、距離延長と東京の長い直線ならそれをカバーできるはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください