阪神牝馬ステークス2019予想 過去データ消去法

こんばんわ、ワイド師です。

今回は阪神牝馬ステークス2019過去データ消去法の記事です。

データ消去法はいつもなら上位人気馬編(基本的には4番人気まで)と穴馬編(基本的には5番人気以下)に分けていますが、2016年から距離が1400mから1600mに変更になり過去3年分のデータしかありません。

よって今回は分けずに一括で調べます。

 

そして現在のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


データ消去法過去3年の結果は以下の通りです。

赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

過去3年で3着以内馬に多く見られる共通点

 

① 4~6歳(例外年無し)

② 前走G3出走馬は3着以内・前走1600万出走馬は1着(例外年無し)

③ 前走2着以下馬は着差タイムコンマ4秒差以内(例外年無し)

④ 前走G1出走馬以外は距離1400~1800m(例外年無し)

 

以上になります。

今回の該当馬は

 

アマルフィコースト
ミエノサクシード
メイショウオワラ
ラッキーライラック
レッドオルガ

 

この5頭です。

今回はこの5頭をデータ推奨馬とします。

ラッキーライラック以外は穴馬の部類に入ります。

データ的には狙って面白そうです。

 


最後に穴本命候補を挙げたいと思います。

枠順・脚質・血統傾向の記事で穴本命候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭選びました。

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

 

阪神牝馬ステークス2019予想 枠順・脚質・血統傾向

クリックしたら飛びます。

穴本命候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

前走はこの馬を穴本命馬として推奨して見事嵌った。

しかも前走はハンデ戦とは言え牡馬混合での1戦。

今回は牝馬限定戦となったが、それでも想定オッズでは低人気。

穴馬は2度連続では来ないと常に思っているが、この人気なら狙ってみたい。