阪神大賞典2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は阪神大賞典2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

少頭数の長距離戦なので特に枠順を気にすることも無いでしょう。

少し気になったのは1枠1番ロードヴァンドール。

近2走逃げれてないが、この枠ならまさかの逃亡劇もあり得る?

鞍上が横山騎手だから何をするかわかりません。

今回の出走馬は結構逃げ馬が多いのでペースは意外と早くなるかもしれません。

コルコバード辺りの差し馬が展開的に向くかもしれませんね。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

今回は対抗馬1頭の1点勝負です。

 

(対抗馬)

2枠2番 リッジマン(2000円)

 

(抑え馬)

今回は無しです

 

リッジマンはやはりこのメンバーでは一番不安要素が少ない。

3000m以上のレースでは3戦3連対という実績で馬券内という意味では一番でしょう。

コルコバードは予想以上に人気になってますね。

ステイゴールド産駒で3走前は2600mのレースでリッジマン1着に対して斤量が1キロ重くての2着。

今回は逆にこちらが3キロ軽い。

ですがどうしても3000mを超すレースの牝馬は買う気になれません。

最後に問題はシャケトラですよね。

距離未経験の1番人気で関西遠征の戸崎騎手という不安材料満載。

来たら仕方ない、消します!

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

海外遠征後の叩き2戦目で久しぶりに乗り慣れた鞍上とのコンビ。

血統傾向でもデータ推奨馬でも名前を挙げた馬。

3000m超えのレースでこのクラスならまだチャンスは十分あるはず。