阪神大賞典2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は阪神大賞典2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは阪神競馬場で行われる芝3000m戦です。

なんともしょぼいメンバーですね。

出走馬をみたらダイヤモンドステークスかと思ってしまいます。

シャケトラが一番人気想定ですが、距離未経験で、関西遠征の戸崎騎手という買いたくない要素が個人的にはかなり不安。

でもこのメンバーならいくらなんでも消えるか?とも思うので、難しいところです。

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

 

これを見ると内外で特に偏りはありません。

長距離戦の少頭数ということを考えれば、枠には拘らなくても良いかもしれません。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬傾向を見ても枠順に大きな差は無さそうです。

 

以上のデータを踏まえて今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると勝率は先行馬が断然です。

ただ、複勝率で見ると追い込み馬以外はそれ程気にすることも無いでしょう。

上位人気馬は全て先行脚質の馬ばかり。

脚質での判断は難しいです。

 


最後に血統傾向です。

過去5年の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父ステイゴールドorハーツクライorディープインパクトorノーザンダンサー系です。

長距離といえばステイゴールド産駒とハーツクライ産駒は欠かせないですね。

今回の該当馬は

 

アドマイヤエイカン
カフジプリンス
コルコバード
ステイインシアトル
ソールインパクト

 

以上5頭です。

アドマイヤエイカン以外は全て穴馬と言っていい想定オッズです。

特にシャケトラが入っていないという点でレースが面白くなってきそうな予感がします。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

長距離戦になると毎回この馬を本命にしている気がする。

前走は海外帰りの1戦ながら惜しくも4着。

今回は帰国2戦目で上がり目は十分あると思う。

血統傾向の後押しもあるので今回も狙ってみたい。