阪神ジュベナイルフィリーズ2018予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は阪神ジュベナイルフィリーズ2018の枠順確定後の最終結論です。

枠順も確定してどの馬が良い枠に、悪い枠に入ったでしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

上位人気馬の枠順配置を見ると、多分1番人気になるであろう7枠13番ダノンファンタジーは良い枠に入りましたね。

近2走少頭数競馬だったので、揉まれる可能性が無くなったこの枠はベストでしょう。

逆にちょと嫌な枠に入ったと思うのが2枠4番シェーングランツ。

出遅れ癖のある馬なのでできればもう少し外寄りが良かった。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

 

今回は対抗馬1頭と抑え馬2頭の3点勝負です。

そして対抗馬はこの馬です。

(対抗馬)

今回の対抗馬は

2枠4番 シェーングランツ(1500円)

(抑え馬)

7枠13番 ダノンファンタジー(300円)

6枠11番 ビーチサンバ(200円)

 

普通に考えたら絶好枠のダノンファンタジーでしょう。

ただどうしても気になったのがステップレース。

アルテミスステークスがG3に昇格してから今年で5年目です。

そして昇格後、阪神ジュベナイルフィリーズの3着以内には4年連続アルテミスステークスの1着or2着馬が来ています

今年の1・2着馬はシェーングランツとビーチサンバ。

例年通りだとこの2頭の内1頭は馬券圏内に来るということになる。

そうなると自分はシェーングランツを取ります。

藤澤厩舎×武豊×半姉ソウルスターリング(父ディープインパクト)という買い材料が多いのとダノンファンタジーに比べオッズがかなり美味しい。

 

抑えはやはりダノンファンタジー、そしてビーチサンバ。

有力騎手が香港遠征で不在ならば、Cデムーロは切れません。

ちなみに昨日の中日新聞杯もCデムーロが勝ちました。

G1常連騎手で考えるならCデムーロ・武豊・福永の3騎手は買っておいた方が良いでしょう。

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬)

個人的にはこの馬がなぜこんなに人気が無いのかわからない。

前走は朝日杯想定2番人気のアドマイヤマーズとコンマ1秒差の勝負。

新馬戦でも東スポ杯2歳S3着馬のヴァンドギャルドとコンマ2秒差の勝負。

牡馬相手でこれだけの勝負ができて、さらに先行馬にとっては有難い内枠配置。

不安は今回前に行きそうな馬がちょと多い可能性がある。

理想は逃げないで、2~3番手辺りでの粘りこみに期待します。