阪神カップ2018予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は阪神カップ2018の枠順確定後の最終結論です。

枠順も確定してどの馬が良い枠に、悪い枠に入ったでしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

大混戦でどこまでが上位人気で下位人気か分からないオッズとなってます。

今回の人気馬は比較的後方脚質の馬が多い。

そうなると上位人気馬の中では先行馬を重視したくなります。

そういう意味では単勝一桁台で1枠2番に入った先行馬のミスターメロディは絶好枠と言えるでしょう。

逆にその他の上位人気馬の中ではジュールポレールは比較的前目に付けるタイプなので8枠というのはやや不安材料ではないでしょうか?

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びますが、今回は大混戦なので6番人気以内までに広げます。

掛け金は目安として2000円設定です。

 

今回は対抗馬2頭の2点勝負です。

そして対抗馬はこの馬です。

(対抗馬)

今回の対抗馬は

7枠13番 ケイアイノーテック(900円)

8枠15番 ジュールポレール(1100円)

(抑え馬)

今回は無しです。

 

正直どの馬から選んでよいか判断が難しかったですが、最終的な判断根拠は前走マイルチャンピオン組です。

このレースから阪神カップに挑んだ馬達は極めて好成績。

そしてレースデータでは過去傾向で好成績の13~15番ゲートにこの2頭が入った。

2頭とも枠順的にはそれほど歓迎できるものではありませんが、過去傾向からこの2頭推奨します。

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬)

この鞍上を狙うなら有馬記念ではなくてこのレースだと思います。

チョウサンよりこの馬の方が魅力的です。

今回も継続騎乗というのはかなりプラス材料。

仮にも前走G1で好走した馬がこの人気というのは舐められ過ぎ。

距離不安の声もあるが、1400mの京王杯でもサトノアレスとはコンマ2秒差の勝負を演じている。

人気薄で買えるのは今回までかも知れません。