阪急杯2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は阪急杯2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

1・3番人気のミスターメロディとダイアナヘイローが外枠配置。

2・4番人気のレッツゴードンキとロジクライが内枠配置。

傾向的は内枠有利なので1・3番人気のミスターメロディとダイアナヘイローは不安要素が出てきました。

ただダイアナヘイローの場合は逃げる可能性大。

昨年も同じような配置で好走しているので枠的には問題なしか?

問題はミスターメロディ。

実力は断然だと思っているが、枠順的には評価を下げたいので非常に判断が迷います。

あとレッツゴードンキは内枠のイン突きで過去に何度か好走しているので侮れない。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

今回は対抗馬1頭と抑え馬1頭の2点勝負です。

 

(対抗馬)

7枠14番 ダイアナヘイロー(1600円)

 

(抑え馬)

8枠16番 ミスターメロディ(400円)

 

まず対抗馬はダイアナヘイローとした。

理由は単純に妙味があるから。

展開利が見込める逃げ馬ダイアナヘイローに対してミスターメロディは不利な8枠。

そしてそのオッズ差は2倍近くある。

実力は間違いなくミスターメロディだと思うが、妙味でダイアナヘイローとした。

 

そして抑えはやはりミスターメロディ。

NHKマイル組の活躍を考えると抑えは必要だと思います。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

1400mはかなりの好成績で今回絶好枠に入った。

過去記事で書いた血統・データ・枠順の全てに当て嵌まる。

穴で狙うならこの馬しかいない。